福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2012年04月
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「東京電力は独占禁止法に違反」 川口商工会議所、公取委に申告 一方的な値上げは不公正な取引行為に該当すると主張 



埼玉・川口商工会議所、東電を独禁法違反で公取委に申告

川口商工会議所(埼玉県川口市、児玉洋介会頭)は11日、
東京電力が独占禁止法に違反(優越的地位の乱用)しているとして公正取引委員会に申告した。
東電が優越的地位を利用し、企業などに対して電気料金を一方的に引き上げたことが
不公正な取引行為に該当すると主張している。川口市は大量の電力を消費する鋳物工業が盛ん。


http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E3E2E0828DE3E3E2E6E0E2E3E09797E0E2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000
関連記事
スポンサーサイト
ニュースの関連記事

category: ニュース

原発推進のサルコジ大統領、福島に行ってないのに「視察したかのように語り」批判される 



仏大統領 福島訪れずに“視察”
4月12日 7時59分

原発政策が争点の一つとなっている、フランス大統領選挙で、再選を目指すサルコジ大統領が、
東京電力福島第一原子力発電所の事故を理解しているとアピールするため、実際には訪れていない
福島県を視察したと発言し、野党の候補者から厳しい批判が上がっています。

今月22日に投票が行われるフランス大統領選挙では、再選を目指すサルコジ大統領が原発推進を
掲げているのに対し、最大野党、社会党のオランド候補は原発への依存度を下げる政策を訴えています。
こうしたなか、サルコジ大統領は先週、選挙演説の中で、自分は福島県を視察して、福島第一原発の
事故を理解しているとしたうえで、現地を訪れていないオランド候補は、何が起きたのか理解しない
まま原発政策の見直しを訴えている、と批判しました。

ところが、サルコジ大統領は去年3月31日に日本を訪問したものの、東京に短時間滞在しただけで、
福島県は訪れていません。
このためオランド候補は、10日、「実際には行わなかった視察を行ったかのように語るとは、
前代未聞だ」と述べ、大統領はうそをついたと厳しく批判しました。
今回の選挙では、信用不安の影響で経済政策に関心が集まり、原発政策は主要な争点とはなって
いませんが、苦戦が伝えられているサルコジ大統領は、ライバルのオランド候補に新たな攻撃材料を
与えた形となりました。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120412/k10014387851000.html

関連記事
ニュースの関連記事

category: ニュース

南海大地震で街が消滅? 最大34mの津波を想定された高知県黒潮町の悲鳴 



もう、「想定外だった」という言い訳は許されない。東日本大震災で津波による死者が多数出たことを教訓に、
中央防災会議(内閣府)が3月31日、西日本の太平洋沿岸の南海トラフを震源域とする巨大地震シミュレーションの結果を発表。

これまでの想定をはるかに上回る津波が押し寄せる可能性が示された。
なかでも、10階建てのビルの高さに相当する約34mの津波が予測されたのが、高知県西部に位置する黒潮町だ。

「今回の津波予測はかなりの高さになっているらしいと事前に聞いてはいたのですが、まさかここまでとは……」
(黒潮町役場・情報防災課)

同町ではこれまで南海トラフ地震で高さ10mの津波が発生するとの予測に基づき、対策をとっていた。
2年前には約3000万円を投じ、海抜4mの場所に高さ8mの津波避難タワーを設置。

さらに東日本大震災後には、町役場を海抜22mの高台に新築移転する計画を立てるなどして万全を期していたのだが……。
緊急会議を開いた大西勝也町長が「町の存続に関わる危機的状況」と表情をこわばらせるのも無理はない。

前出の情報防災課の担当者によると、「(新たな予測を受けての対策は)まだ具体的なものは何もないです。
すべてをイチからもう一度見直す」とのこと。

県庁のある高知市から電車(特急)で1時間半ほどの黒潮町は漁業が盛んで、カツオの一本釣りのほか、
クジラウオッチングと砂浜一面に植えられたラッキョウで知られる。人口は約1万3000人(65歳以上の高齢化率は約35%)。
その約8割が沿岸部に集中し、高さ約34 m以上にある避難場所は8ヵ所しかない。住民の反応を聞いてみた。

「東日本大震災が起こってからは、すぐに逃げられるようにリュックサックに食べ物とか水を入れて備えていたんだけど
地震発生から2分でそんな津波が来るなんて、バカらしくなるがで。避難タワー? あれはもう意味ないし、
みんな“間違いタワー”って呼んでる(苦笑)」(40代女性)

「もう、どんなに家が雨漏りしても修理しない。クルマも買い換えるつもりだったけどやめた。
次の日に津波が来ると思ったら、もったいないけん」(50代女性)

やはりというか、あまりの巨大津波予測に住民たちもやけっぱちムード。なかには、こんな悲観的な声も……。

「はっきり言って、もう終わりよ。家の周りを見渡しても、高い建物なんてどこにもない。
山(にある避難場所)まで逃げるにしても、私らの足じゃ15分はかかる。
『あんたはそこで死になさい』って言われた気分」(60代女性)

「そう。(予測発表以降は)みんなで合言葉みたいに『死ぬときはみんな一緒ね』って言っとるわ。
津波にのみ込まれるにしても、みんな一緒なら、まあ寂しくないかなって」(同じく60代女性)

高知県だけで死者・行方不明者679名を出した1946年の昭和南海地震を体験した、90歳間近の女性住民も力なく話す。

「あのときは激しい縦揺れがずっと続いたんよ。とても立っていられなくて怖かったけど、津波は堤防の一部が決壊するくらいで
大したことはなかったよ。でも、今度は東北みたいな大きな津波が来るいうんじゃろ。もう長生きしなくていいから、
津波が来る前に普通にポックリ死にたいわ」

南海トラフ地震は近い将来、いや、明日にでも起こるかもしれないといわれている。
今回の内閣府による予測はあくまで「最悪のなかの最悪のケース」とはいえ、対策は急務。
となると、考えられるのは高さ約34mの津波が来ても大丈夫なように、住民全員で高台移転するしかない。

「住民の高台移転については当然、検討課題に入る内容。費用は莫大になりますので、町の予算だけではとうてい無理。
県や国と相談しながらということになると思います」(前出・情報防災課)

最後に、ある80代男性住民はこう話した。

「わしらはもう十分生きた。津波が来て死ぬなら仕方ない。でも、どんなにカネがかかろうと早く高台に町営住宅を造って、
若い人や小さい子供のいる家庭だけでも、そこで生活できるようにしてあげてほしい」

海に囲まれた地震大国ニッポン、黒潮町の直面する危機は、決して他人事(ひとごと)じゃない。

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/04/12/10798/
関連記事
地震、災害の関連記事

category: 地震、災害

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。