福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

2011年03月
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

被ばくに関する試算の結果について 



被ばくに関する試算の結果について

官房長官記者発表
平成23年3月23日(水)午後

私の方から、今朝ほどの会見でも御質問にございました「SPEEDI」と称するシステムを
用いた、被曝に関する試算のことについて御報告を申し上げます。

本日昼ごろ、原子力安全委員会から、このSPEEDIシステムを用いた被曝に関する試算の
結果について報告を受けました。詳細はこの後、原子力安全委員会から公表をさせる予定で
ございますので、詳細についてはそちらにお問い合わせいただきたいと思います。


これは、大気中の放射性核種の測定値とこれまでの気象状況を踏まえて、放射性ヨウ素に
よる甲状腺被曝線量を予測したものでございます。これまで、いわゆる放射線量の測定
モニターはさまざまな数値、マイクロシーベルトの単位で、原子力発電所の内部を含めて
皆さんにも御報告をしてまいりましたし、たくさんのデータが取れておりますが、空気中、大気
中の、いわゆる放射性物質の量をはかって、そこから、原子炉からどの程度の放射性物質
が出ているのかを推測し、その推測された数値に基づいて、それがどういったところに拡散を
し、そして人体に影響を与え得るような数値になっているか、いないかということを、更に気象
条件等を含めて計算したシミュレーションでございます。


この間、今朝ほど申し上げましたとおり、このシステムをしっかりと利用して試算等を行うよう
にという指示を申し上げてきたことは御報告をいたしたところだと思いますが、そのときも申し
上げましたが、原子炉から出ている放射性物質の量は、残念ながら今の原子力発電所の
状況では測定ができないということの中で、それを言わば逆算する形で、あるデータから、
原子炉から放出されている放射性物質の量を逆算、推定できないかということを指示してい
たことを申し上げたかと思います。これをするためには、大気中の放射性物質の量、正確に
は放射性核種の測定値が、なおかつ風下の陸上地域で必要でございまして、その数値が
昨日モニタリングができて、それに基づいてシミュレーションを行ったものの報告がなされたも
のでございます。


そして、それによってシミュレーションされた結果は、福島原子力発電所の事故発生後、毎日
一日中屋外で過ごすことを仮定した場合に、甲状腺の被曝線量が100ミリシーベルト以上と
なる地域を試算したものでございます。これによると、福島原発から30km圏外の一部におい
ても、100ミリシーベルト以上の被曝線量となり得るケースも見られますが、
現時点で直ちに避難や屋内退避をしなければ
ならない状況だとは分析をいたしておりません。



今後、実際の放射線の量のモニタリング、あるいは更に精度の高いシミュレーション等を専門
家の皆さんに行っていただきながら、人体に影響が出る可能性の生ずる、この100ミリシーベ
ルトの被曝線量に達することの出ないように、今後の対応をしっかりと注視をしてまいりたいと
考えております。

なお、この被曝線量は、風向きによって大きく影響を受ける。その風向きなどに基づいて、
このSPEEDIというシステムでシミュレーションを行っているもので、そのため、風下地域での
放射性物質の数を測定しないとシミュレーションができないというものでございます。

したがいまして、念のため、現在所在する場所が風向きから見て発電所の風下に当たるよう
な場合には、できるだけ窓を閉め、密閉した屋内にとどまっていただくことをお勧めしたいと
思っております。


関連記事
スポンサーサイト
枝野幸男氏の発言の関連記事

category: 枝野幸男氏の発言

原子力災害対策特別措置法に基づく総理指示について 



原子力災害対策特別措置法に基づく総理指示について


平成23年3月23日(水)午前
官房長官記者発表
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201103/23_a.html


私から野菜、それから原乳についての原子力災害特別措置法に基づく総理大臣からの指示
について御報告を申し上げます。

本日、原子力災害対策特別措置法20条3項の規定に基づき、内閣総理大臣から福島県知
事に対し、一部食品の出荷制限及び摂取制限を指示いたしました。具体的には、非結球性葉
菜類。ホウレンソウ、コマツナなどの玉にならない、広がっている形の葉っぱものです。

それから、結球性葉菜類。キャベツ等の丸く固まった形、球を結ぶ形の野菜類及びアブラナ
科の花蕾類、ブロッコリーやカリフラワーなど、及びカブについて、当分の間、出荷を差し控え
るよう指示をいたしました。ただいまのところから、カブを除いた非結球性葉菜類、ホウレンソ
ウ、コマツナ等。結球性葉菜類、キャベツ等。それから、アブラナ科の花蕾類、ブロッコリーや
カリフラワー等について、茨城県に対し、当分の間、摂取を差し控えるよう指示をいたしまし
た。


これらの指示は現時点で一時的に、こうしたものは食用に供されたとしても、健康に害を与え
るようなものではございません。


しかしながら、こうした状況が今後、長期にわたって継続をすることが残念ながら想定される
中で、念のために早い段階から出荷を差し控えていただき、かつ、できるだけ摂取しないよう
にしていただくことが望ましいといった趣旨で、今回、出荷制限及び摂取制限を指示したもの
でございます。


先ほど申し上げましたさまざまな野菜類のデータは、厚生労働省から御報告をいただいてい
るはずでございますが、最大値を示した野菜を約10日間にわたって食べていたと仮定して
も、1年間の自然放射線量のほぼ2分の1にとどまるものでございまして、

直ちに健康に被害が出ないことはもとより、
将来にわたって健康に影響を与えるような放射線量を
受けることにはなりません。

ただ、こうした状況が今後も継続することが想定されることから、今の段階で、できるだけ摂取
をされないことが望ましい。そして、出荷を差し控えていただくよう指示をしたものでございま
す。


なお、福島県については、全農系列はすべての露地野菜について、3月21日以降、出荷を
自粛しておりました。ただし、全農系列以外では、ホウレンソウ、カキナ以外のものについて
出荷をしていた可能性がありますが、ただいま申しましたとおり、万が一食用に供されていた
としても、人体に影響は及びませんので、そこは御安心をいただきたいと思います。

今後もさまざまなモニタリングを強化いたしまして、それに基づいて出荷制限あるいは摂取制
限についての範囲、対象については、その都度、適宜指示をしてまいる見通しでございます。
また、これらの出荷制限の実効性を担保し、消費者の食の安全を確保するため、出荷制限の
対象となったものについては、適切な補償が行われるよう万全を期してまいります。


なお、ここまでは福島県についてでございますが、茨城県につきましては、21日にホウレンソ
ウ及びカキナについて出荷制限の指示を出したところでございますが、本日これに加え、
原乳及びパセリについて、当分の間出荷を差し控えるよう、原子力災害対策本部長である
内閣総理大臣から茨城県知事に対して指示をいたしました。これについても先ほど申しました
とおり、もし食に供されていた場合であっても、そのことによって健康に害を及ぼすものでは
ありませんが、こうしたものが一定期間続くことが予想される状況の中で、念のため早い段階
で、こうした指示をしているものでございます。


関連記事
枝野幸男氏の発言の関連記事

category: 枝野幸男氏の発言

地震酔い 



地震が起きているわけではないのに、体が揺れているような感覚やめまいな
どを感じる「地震酔い」。
3月22日に気象庁が発表した報道資料によれば、岩手県沖から茨城県沖で
3月18日12時から22日12時までの4日間に発生した余震の数は
マグニチュード5.0以上のものが318回にも及ぶとしています。
東北や関東を中心に余震は現在も続いているため、本当の地震なのか、
揺れているように感じてしまうだけなのか戸惑ってしまう人も多いようです。

医師に相談できるQ&Aサイト 「アスクドクターズ」より引用

「地震後から、常に揺れている感じが治まりません。
気持ちが悪いとかはないです、ただ恐怖です。歩いてると、ふらつく事も
あります。
頭痛や肩凝り、脇の下が痛み、動悸が激しく、特に胃がキリキリ痛んだ
り、掴まれたような感覚があります(胃の痛みは、食後4時間後くらいか
ら)ぐおっっとなります。地震も怖いし、会社も危ないし、常に揺れている
し、脇は痛いし、動悸はするし、胃は痛いしで、どうにかなってしまいそう
です。元々心配性でしたが、もっと現実に辛く苦しい人はたくさん居るは
ずなのに、たいした被害もない自分がこうなる事も情けないです。病院に
行こうと思いますが、果たして何科を受診すればいいですか?」


●一般内科医からの回答

「これは地震で揺れが持続して平衡器官がバランスを失い起こる
『動揺病』というものだと思います。ストレスが症状を助長します。
乗り物に常時ゆられてめまいや吐き気が起こるのが乗り物酔いであり、
今回は地震酔い、これがともに「動揺病」なのです。耳鼻科受診が理想で
すが、内科でも結構です。乗り物酔いに効くトラベルミンが地震酔いにも
効く可能性があります。内科でも処方可能です」

また、不眠や動悸は震災ストレスが原因かもしれないと指摘しています。
医師は、「ストレスは心のトラウマとなり、トラウマを将来的に引きずらな
いためにも、初期治療が非常に重要です。こちらは早めに心療内科また
は精神科を受診されますことをお勧めいたします」とコメントしています。

各メディアでは「地震酔い」対策が取り上げられていますが、上記の医師
の回答にあるように地震酔いは病のひとつ。
不快感が続くようなら、病院で診察してもらうという選択肢を増やしてみて
もよいかもしれません。

関連記事
地震、災害の関連記事

category: 地震、災害

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。