福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

外国人から見た日本人
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

NYタイムズが支援コラム 阪神大震災時の東京支局長(産経3/12 11:38) 



(産経3/12 11:38)

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、東日本大震災について
「日本への同情、そして称賛」と題するコラムを掲載した。
執筆者は阪神大震災時に同紙東京支局長だった著名記者ニコラス・クリストフ
氏で、日本人の強い精神をたたえ、今後の復興への期待を示した。

コラムは「きょう、私たちの気持ちは皆、日本の人々とともにある」と訴えた。
阪神大震災の取材の際、商店の襲撃や救援物資の奪い合いが見られず、
市民が「勇気と団結、共通の目的の下に」苦境に耐えていたことに感嘆したと
説明し、「仕方がない」「我慢」という日本語を紹介した。

「日本の人々には真に高貴な忍耐力と克己心がある」とたたえ
「これからの日々、日本に注目すべきだ。間違いなく学ぶべきものがある」とし
た。(共同)




「被害の中でも規律保つ」インド紙が称賛の声紹介(産経3/13 19:33)

天井や壁が完全に崩れ落ちるような災害の中でも、すべての規律が保た
れていた−。
インド紙ビジネスラインは13日付で、日本への出張中に被災したインド人
技術者が日本人の冷静な対応を称賛する声を紹介した。

インドの部品メーカーの技術者らは栃木県内にあるホンダの研究開発施設
を訪問中に被災。
「素晴らしい緊急時の態勢ができていた。すべてが精密時計のような動き
だった」。揺れが収まると社員らは集合場所に素早くそろい、あらかじめ決
められた各自の役割をきびきびとこなしたという。

施設から市内に出ても大きな混乱はなかったといい、
「冷静さが保たれており、通信状況も含めてすべてが秩序だって行われて
いた」と評価した。(共同)


スポンサーサイト

category: 外国人から見た日本人

外国人から見た日本人 



「日本人よありがとう マレーシアはこうして独立したラジャー・ダト・
ノンチックの半生記」(土生良樹)より

ラジャー・ダト・ノンチック=マレーシア人。
南方特別留学生として日本で学び、戦後独立運動に参加。
元上院・下院議員。1994年逝去。

1989年4月 クアラルンプールにて

かつて 日本人は 清らかで美しかった
かつて 日本人は 親切でこころ豊かだった
アジアのどの国の誰にでも
自分のことのように 一生懸命つくしてくれた

何千万人もの 人のなかには 少しは 変な人もいたし
おこりんぼや わがままな人もいた
自分の考えを おしつけて いばってばかりいる人だって
いなかったわけじゃない

でも その頃の日本人は
そんな少しの いやなことや 不愉快さを越えて
おおらかで まじめで 希望に満ち明るかった

戦後の日本人は 自分たち日本人のことを
悪者だと思い込まされた
学校でも ジャーナリズムも そうだとしか教えなかったから
まじめに 自分たちの父祖や先輩は
悪いことばかりした残虐無情な
ひどい人たちだったと 思っているようだ

だからアジアの国に行ったら ひたすら ペコペコあやまって
私たちはそんなことはいたしませんと 言えばよいと思っている

そのくせ 経済力がついてきて 技術が向上してくると
自分の国や自分までが えらいと思うようになってきて
うわべや 口先では 済まなかった悪かったと言いながら
ひとりよがりの 自分本位の えらそうな態度をする
そんな 今の日本人が 心配だ

本当に どうなっちまったんだろう
日本人は そんなはずじゃなかったのに
本当の日本人を知っているわたしたちは
今は いつも 歯がゆくて くやしい思いがする

自分のことや 自分の会社の利益ばかり考えて
こせこせと 身勝手な行動ばかりしている
ヒョロヒョロの日本人は
これが本当の日本人なのだろうか

自分たちだけで 集まっては
自分たちだけの 楽しみや ぜいたくに ふけりながら
自分がお世話になって住んでいる
自分の会社が仕事をしている
その国と 国民のことを さげすんだ眼でみたり バカにする

こんな ひとたちと 本当に仲よくしてゆけるだろうか
どうして どうして日本人は こんなになってしまったんだ




私たちアジアの多くの国は、日本があの大東亜戦争を戦ってくれたから
独立できたのです。
日本軍は永い間アジア各国を植民地として支配していた西欧の勢力を追
い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、驚異
の感動と自信を与えてくれました。
永い間眠っていた(自分たちの祖国を自分たちの国にしよう)という心を目
覚めさせてくれたのです。
私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。
敗れて逃げてゆく、イギリス軍を見たときに、今まで感じたことのない興奮
を覚えました。
しかも、マレーシアを占領した日本軍は、日本の植民地としないで、将来
それぞれの国の独立と発展のために、それぞれの民族の国語を普及さ
せ、青少年の教育を行ってくれたのです。

category: 外国人から見た日本人

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。