福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

原発事故コスト
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

原子力発電所の発電コスト、本当は幾ら? 



原発事故コスト:最大1.6円 「発生頻度」対立深く


http://mainichi.jp/select/biz/news/20111109ddm008020043000c.html


内閣府原子力委員会の専門部会が8日にまとめた原発事故コストの試算は、
最大で1キロワット時当たり1・6円、最小で同0・006円と大きな開きが出た。
重大事故の発生頻度を巡り最後まで合意が得られなかったためで、複数の算定方法の
併記を余儀なくされた。

事故コストは、政府が現時点で1キロワット時当たり5~6円としている原発の発電コストに
上乗せされる。

部会では、炉心損傷などの過酷事故が起きる確率について意見が対立。
国際原子力機関(IAEA)の安全目標を満たす「10万年に1回」では事故コストは
キロワット時当たり0・006~0・008円。

国内の原発が延べ1500年近く稼働し、東京電力福島第1原発で原子炉3基が事故を
起こした実績を踏まえ「500年に1回」とすると同1・2~1・6円となった。


「500年に1回」について、山名元京都大原子炉実験所教授は
「安全対策強化を考慮していない。(原発が54基ある国内では)ほぼ10年に1回事故が起きる計算になる」と批判した。

これに対しNPO法人「原子力資料情報室」の伴英幸共同代表は
「10万年に1回と言うが、既に事故が起きている」と反論した。

このほか、試算には、米国の原子力損害賠償制度を参考に、電力各社が共同で賠償額を
あらかじめ積み立てる方式も盛り込んだ。

国内で5兆~10兆円を40年かけて積み立てる場合、コストは1キロワット時当たり0.45~0・89円となった。

試算は政府の「エネルギー・環境会議」に報告され、電源別の発電コストを比較する際の
参考資料となるが、条件次第で数値が大きく変わる試算の評価をめぐって議論が再燃しそ
うだ。





原子力発電所の発電コスト、本当は幾ら?


過去40年間の実績での本当のコスト

原子力10.68円

火力9.9円

水力7.26円


110512 そもそも総研 原子力発電コストを検証!本... 投稿者 plutoatom










スポンサーサイト

category: 原発事故コスト

原発事故コスト:最大1.6円 「発生頻度」対立深く 



原発事故コスト:最大1.6円 「発生頻度」対立深く

内閣府原子力委員会の専門部会が8日にまとめた原発事故コストの試算は、
最大で1キロワット時当たり1・6円、最小で同0・006円と大きな開きが出た。
重大事故の発生頻度を巡り最後まで合意が得られなかったためで、複数の算定方法の
併記を余儀なくされた。

事故コストは、政府が現時点で1キロワット時当たり5~6円としている原発の発電コストに
上乗せされる。

部会では、炉心損傷などの過酷事故が起きる確率について意見が対立。
国際原子力機関(IAEA)の安全目標を満たす「10万年に1回」では事故コストは
1キロワット時当たり0・006~0・008円。

国内の原発が延べ1500年近く稼働し、東京電力福島第1原発で原子炉3基が事故を
起こした実績を踏まえ「500年に1回」とすると同1・2~1・6円となった。


「500年に1回」について、山名元京都大原子炉実験所教授は
「安全対策強化を考慮していない。(原発が54基ある国内では)ほぼ10年に1回事故が起
きる計算になる」と批判した。

これに対しNPO法人「原子力資料情報室」の伴英幸共同代表は「10万年に1回と言うが、
既に事故が起きている」と反論した。

このほか、試算には、米国の原子力損害賠償制度を参考に、電力各社が共同で賠償額を
あらかじめ積み立てる方式も盛り込んだ。

国内で5兆~10兆円を40年かけて積み立てる場合、コストは1キロワット時当たり
0・45~0・89円となった。

試算は政府の「エネルギー・環境会議」に報告され、電源別の発電コストを比較する際の

参考資料となるが、条件次第で数値が大きく変わる試算の評価をめぐって議論が再燃しそうだ。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111109ddm008020043000c.html

category: 原発事故コスト

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。