福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

小出裕章 助教 
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

小出裕章氏の著書、論文、講演録のまとめ 



米国スリーマイル島原発事故の問題点
小出裕章他 科学 1979/6
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/TMIKagaku1979.pdf

放射線ガン死のリスク係数と日本の汚染
今中哲二,小出裕章 エントロピー読本 1987
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/keisemi1988imanaka.pdf

チェルノブイリ事故による放出放射能
瀬尾健,今中哲二,小出裕章 岩波書店 1988
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/ChernobylKagaku1988.pdf

マンハッタン計画労働者の肺ガン
小出裕章 1993/12/24
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/Pu-Death.pdf

「もんじゅ」と人の叡知
小出裕章 想像 1996/4
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Monju/souzou.htm

足尾、水俣そして人形峠
小出裕章 環境と社会 1997/3
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/KankyouD.html

原子力施設の破局事故についての災害評価手法
瀬尾健、小出裕章 第68回原子力安全問題ゼミ 1997/8/29
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No68/kid9708.pdf

ウラン採掘と人形峠旧ウラン鉱山
小出裕章 原子力資料情報室通信 1997/10
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/Ugoki.html

放射能汚染と被曝 (特集 東海村臨界事故と原子力の終焉)
小出裕章 技術と人間 1999
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/jco/kid9912.html

JCO事故における被曝と放射能汚染問題
小出裕章 第76回原子力安全問題ゼミ 1999/11/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No76/kid9911a.html
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No76/kid1101R.pdf

サテライトミーティング「JCO 臨界事故を考える」『問題は何か』
小出裕章 京都大学原子炉実験所、第34回学術講演会 2000/1/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/jco/satellite/kid0126.pdf

JCO事故を考える
小出裕章 於東京足立区 2000/2/11
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kd000211.PDF

ウラン残土と原発、放射能汚染について
小出裕章 全水道労研集会 2000/5/23
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kd000523.PDF

人形峠ウラン鉱山などの汚染と課題
小出裕章 第79回原子力安全問題ゼミ 2000/9/27
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No79/kid000927.PDF

日本と台湾の原発事情
小出裕章 原発びわこネット 2001/2/10
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/biwako.pdf

原子力発電所の災害評価と台湾への適用
小出裕章 第81回原子力安全問題ゼミ 2001/3/16
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No81/kid0103.PDF

核燃料輸送事故による被曝線量評価メモ
小出裕章 2001/3/19
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/yusoujik.pdf

Jadugoda の放射能汚染についての予備調査報告
小出裕章 2001/9/28
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/report-J.pdf

Preliminary investigation about the radioactive contamination in Jadugoda.  
Hiroaki KOIDE 2001/11/8
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/report-E.pdf

人類のエネルギー浪費
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/3
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-01.pdf

化石燃料とウラン
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/4
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-02.pdf

核時代の死の黄金
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/5
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-03.pdf

幻だったプルトニウム利用
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/6
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-04.pdf

過剰な発電所と無力な原子力
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/7
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-05.pdf

原子力の危険の根源
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/8
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-06.pdf

原子力発電所で大事故が起きたら?
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/9
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-07.pdf

破局的被害を生む毒物
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/10
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-08.pdf

木を見て、森を見ず
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/11
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-09.pdf

原子力から撤退する世界の流れ
小出裕章 京都歯科協TIMES 2001/12
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-10.pdf

生きるために必要なエネルギー
小出裕章 京都歯科協TIMES 2002/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-11.pdf

医師の皆さんに伝えたいこと
小出裕章 京都歯科協TIMES 2002/2
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/dent-12.pdf

苦難の先住民 インド・ジャドゥゴダ・ウラン鉱山
小出裕章 No Nukes Asia Forum 2002/2/14
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/nnaf-ind.pdf

The investigation on radioactive contamination around Jadugoda uranium mine
Hiroaki KOIDE 2002/7/8
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/J-REP4E.pdf

ベラルーシ、ウクライナ、ロシアにおけるチェルノブイリ原発事故研究の現状調査報告
小出裕章他 京都大学原子炉実験所学術講演 2003/1/29
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/etc/KUR0301.pdf

日本の原子力政策は破綻した---大事故が起きる前に撤退を!
小出裕章 たんぽぽ舎総会 2003/2/15
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/tanpopo.PDF

朝鮮の核問題
小出裕章 グリーン・アクション京都勉強会 2003/6/14
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/tanpopo.PDF

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟への意見書
小出裕章 2003/春
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/iken.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟への再意見書
小出裕章 2003/9/18
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/iken.pdf

インド・ジャドゥゴダの住民たち
小出裕章 No Nukes Asia Forum 2003/10/8
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/NNAF0309.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟への再々意見書
小出裕章 2003/12/10
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/saisai.pdf

朝鮮の核問題
小出裕章 2003/6/14
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/KoreanN.pdf

巨大なモンスター
小出裕章 京都保険医新聞 2003/6/9
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/monster.gif

ウランを利用することで生じる被曝
インド・ジャドゥゴダウラン鉱山の汚染を中心にして
小出裕章 第94回原子力安全問題ゼミ 2003/8/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No94/koide030826.pdf

インド、ジャドゥゴダ・ウラン鉱山の放射能汚染と課題
小出裕章 「原子力資料情報室通信」 2003/11/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/CNIC0311.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟への再々々意見書
小出裕章 2004/2/18
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/sai3.pdf

インド、ジャドゥゴダ・ウラン鉱山周辺環境の放射能汚染
小出裕章,今中哲二,川野眞治他
京都大学原子炉実験所学術講演会報文集 2004

Radioactive contamination around Jadugoda uranium mine in India
Hiroaki KOIDE 2004/4/27
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/india/JADFINAL.pdf

原子力発電所の災害評価
原子力推進似非学者のレベルの低さと批判への回答
小出裕章
第97回原子力安全問題ゼミ 2004/6/9
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No97/koide_doc.pdf

原子力発電所の災害評価(PPT)
小出裕章 第97回原子力安全問題ゼミ 2004/6/9
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No97/koide_ppt.pdf

美浜3号炉事故の全体像と課題
小出裕章 第98回原子力安全問題ゼミ 2004/10/7
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No98/koide041007.pdf

美浜3号炉事故の全体像と課題(PPT)
小出裕章 第98回原子力安全問題ゼミ 2004/10/7
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No98/koide041007ppt.pdf

劣化ウラン兵器と核サイクル
小出裕章 劣化ウラン兵器禁止条約実現キャンペ-ン 2004/5/9
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/DU0509.pdf

『使用済み核燃料中間貯蔵施設』とは?
小出裕章 宮崎県内連続講演会 2004/5/21~23
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/myzk0405.pdf

差別の世界と戦争
小出裕章 真宗大谷派山陽教区「非核非戦法要」 2004/8/3
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/ootaniha.pdf

愚かな原子力利用 ・人形峠の放射能汚染とそれに抗した人々
小出裕章 中国地方反原発反火電住民運動市民運動等連絡会議総会 2004/9/25
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/nngy0409.pdf

廃炉の世紀への提言
小出裕章 もんじゅを廃炉へ!全国集会 2004/12/5
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/zenkoku.pdf

プルサーマル導入-その狙いと危険性
小出裕章 核燃料サイクルとエネルギー政策を考える学習会金沢 2004/12/13
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kanazawa.pdf

α線内部被曝線量の評価方法についてのメモ
特に吸入によって肺に取り込んだ場合
小出裕章 第99回原子力安全問題ゼミ 2004/12/15
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/koide041215a.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟、控訴審への意見書
小出裕章 2005/3/9
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/appeal-1.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟、控訴審への再意見書
小出裕章 2005/8/31
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/appeal-2.pdf

プルサーマルと核のごみ
小出裕章 九州連続講演会、北九州・佐賀・唐津 2005/10/28~30
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/PuTherm.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟、控訴審への再々意見書
小出裕章 2005/11/28
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/appeal-3.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟、控訴審への再々々意見書
小出裕章 2006/2/16
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/appeal-4.pdf

放棄すべき六ヶ所再処理工場
小出裕章 核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団、講演会 2006/2/11
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/aomr0602.pdf

六ヶ所再処理工場の災害評価に関する覚書
小出裕章 2006/4/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/rpp-acc.pdf

六ヶ所再処理工場に伴う被曝-平常時と事故時
小出裕章 再処理を止めよう!青森県シンポジウム 2006/7/15
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/aomori06.pdf

プルトニウムという放射能とその被曝の特徴
小出裕章 緊急学習会:プルトニウム被曝を問う 2006/7/15
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/Pu-risk.pdf

人形峠鉱滓放置問題
榎本さん土地明け渡し訴訟、高裁判決を受けて
小出裕章 2006/8/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/realness.pdf

Being scientific(PPT)
Hiroaki KOIDE
The 3rd ICBUW International Conference Hiroshima, 2006/8/4
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Ningyo-toge/realness.pdf

被曝、原子力、核のごみ
小出裕章 「四万十川源流と高レベル核廃棄物」勉強会(津野町)2006/9/16
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/Tuno0916.pdf

1億人の傍観者が支える原子力
小出裕章 「東京原発」を観る集い(岐阜) 2006/9/23
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/gifu0923.pdf

地球温暖化問題の本質
小出裕章 たんぽぽ舎での勉強会 2007/1/14
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/crisis.pdf

原子力とは一体何なのか?
小出裕章 グリーンコープみやざき生活協同組合 2007/2/22
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/myzk0222.pdf

厖大な核のごみの始末のつけ方
小出裕章 東洋町高レベル放射性廃物の最終処分場についての討論会 2007/2/27
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/toyo0227.pdf

物質開発倫理学講義「足尾鉱毒」
小出裕章 京都工芸繊維大学 2007/12/25
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kksd3.pdf

物質開発倫理学講義「水俣公害」
小出裕章 京都工芸繊維大学 2007/12/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kksd5.pdf

物質開発倫理学講義「原子力利用の危険性と問題点」
小出裕章 京都工芸繊維大学 2007/12/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kksd6.pdf

物質開発倫理学講義「原子力事故」
小出裕章 京都工芸繊維大学 2007/12/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kksd7.pdf

物質開発倫理学講義「エネルギー問題」
小出裕章 京都工芸繊維大学 2007/12/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kksd8.pdf

巨大地震が原発を襲うとき- 廃絶すべき浜岡原発-
小出裕章 原発震災を防ぐ風下の会 2008/10/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/msm081026.pdf

ウラン残土レンガと放射能の基礎知識
小出裕章 ウラン残土市民会議 2008/11/22
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/mss081122.pdf

なぜ六ヶ所再処理工場の運転を阻止したいのか
小出裕章 「終焉に向かう原子力」(第7回) 2008/12/13
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/tk081213.pdf

柏崎刈羽原発とその地震被害の概要
小出裕章 第105回原子力安全問題ゼミ 2008/7/22
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No105/koide.pdf

山口県・上関原発・・・あまりに愚かな選択 原子力とプルサーマル問題
小出裕章 広島県保険医協会主催市民公開講演会 2009/2/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/hrsm090201.pdf

原子力の場から視た地球温暖化
小出裕章 環境問題研究会2月例会 2009/2/10
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kyoto0210.pdf

原子力の場から視た地球温暖化問題
小出裕章 「終焉に向かう原子力」(第9回) 200912/5
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/10416.pdf

核=原子力に未来はあるか
環境・経済・国際政治的にも放棄されるべき再処理
小出裕章 生活者通信 2009/7/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/tsnw214.pdf

瀬尾さんの思い出(追悼文集)
小出裕章他 2009/7/24
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/sonota/seo-memoriam.pdf

六ヶ所再処理工場周辺での空気中トリチウム濃度測定結果が示すもの
小出裕章 生活者通信 2009/9/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/tsnw216.pdf

被曝の危険と謂われない犠牲
小出裕章 生活者通信 2009/10/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/tsnw217.pdf

核=原子力問題の本質を見据える-差別に抵抗する
小出裕章 生活者通信 2009/11/1
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/tsnw218.pdf

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告と温暖化二酸化炭素説の問題点
小出裕章 第108回原子力安全問題ゼミ 2009/10/26
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No108/koide20091026.pdf

戦争と核=原子力
小出裕章 日本基督教団・大阪教区・核問題特別委員会 2009/11/29
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/OC091129.pdf

原子力発電は危険、プルサーマルはさらに危険
小出裕章 石巻市・第3回「プルサーマル市民勉強会」2009/12/22
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/isnmk091222.pdf

終焉に向かう原子力と温暖化問題
小出裕章 日本カトリック教会・正義と平和委員会・地球環境を守る会 2010/1/19
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/JCC100119.pdf

今私たちが知っておかなければならない、核・原子力の真実
小出裕章 札幌での講演 2010/4/10
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/spr100410.pdf

原子力の「平和利用」は可能か?
小出裕章 非核の政府を求める兵庫の会市民学習会での講演 2010/10/8
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/genpatu/kub101008.pdf

福島原発事故の現状について
小出裕章 第110回原子力安全問題ゼミ 2011
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/20110318koide.pdf

終焉に向かう原子力(第11回)悲惨を極める原子力発電事故
小出裕章 明治大学での講演 2011 4.29
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/tky110429.pdf

スポンサーサイト

category: 小出裕章 助教 

文字起こし 種まきジャーナル 2011年11月24日 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章  



放射性物質の基準値の見直しを行って食品の区分に
粉ミルクなどの乳児用食品を新たに設けることについて、その他





文字起こしをしました

京都大学原子炉実験所 助教の小出裕章さんに、お話を聞きました。
今日は毎日新聞解説委員の藤田さとるさんと一緒にお話を伺います。
藤田: よろしくお願いします
小出: 藤田さん、こんばんは

今日はこういうNEWSが入っています。
放射性物質の基準値の見直しを行なって食品の区分に粉ミルクなどの乳児用食品を新たに設けること
にしたということです。
この基準を作ることに気をつけること、小出さんが気になることを教えて頂けないでしょうか?

小出: 私はずっと、子供を被爆かな守らなければいけないと発言をしてきましたので、今回ようやく
厚生労働省のほうも乳児というものを別に考えると方針をうちだしたと言うことで、そのことに関して歓迎
したいと思います。

でも食べるということは内部被曝をすると言うことが前提となってくるんですけども

小出: そうです

乳幼児の基準というのは大変難しいと思うんですが、どれ位であるべきなんでしょうか?

小出: これまでは事故が起きてから日本の国というのは被爆制限を大幅に緩和してしまいまして、
日本人1人1人は1年間に1ミリシーベルトしか被爆をしては、いけないという法律があったにも関わらず
内部被曝だけで5ミリシーベルトを許すというような基準を作ってしまったのですね、今回それを
1ミリシーベルトに戻すという事らしいのですが、戻ったというふうに思ってはいけません。

なぜなら、国がこれまでと決めていた1ミリシーベルトという被爆の制限値は外部被曝と内部被曝を
合わせた合計で1ミリシーベルト以下にするということでした。

今回、内部被曝だけで1ミリシーベルトを許すというような基準になっているわけで、確かに5ミリシーベ
ルトから1ミリまで減ったからそれは良いのですけど、それでも十分な規制値にはなっていません。


前よりはかなり緩くなった規制値ということですね。

小出: 元々だから物凄い緩かったのが少しは厳しくされたけど、それでもまだ、不十分だと言うことで
す。

それを踏まえて乳児の基準を決めていかなけれないかないと、いう事になりますが、かなり難しいです
ね。

小出: 難しいですね。でもなんとか乳児、あるいは幼児というところの被爆を少なくすべきだと私は思
います。

それでは、次ですけれども、国会に設置された福島第一原発事故調査委員会の委員長が、この度
最終調整に入ったというニュースが伝わってきているですが、この委員長に起用される方向になった
方が黒川清さんという方で、元、日本学術会議会長なんだそうです。
東大医学部卒の、お医者さんで内科腎臓学が専門で、アメリカのカルフォルニア大学ロサンゼルス校
の教授などを務められた経歴を持っている方だということなんですが、小出さんは、この人事と思われ
ますか?

小出: 私は医学に関して素人で、黒川さんという方についても知りません。
ただし、福島原子力発電所の事故というものは、むしろ医学とは関係のない、工学であるとか海洋学、
気象学であるとか、そういうような所が関連して起きているわけで、最終的はもちろん人間被爆、生物の
被爆という事まで問題になりますけども、やはり機械としての原子力発電所の事故ということをキチッと
解明することが先だろうと思います。

なるほど、そしたらやっぱり、そういう方向で人材を選んで行かないといけないということですね。

小出: 私としてはそうだろうと思うのですが、たくさんの方人を束ねて審議をして行かないといけないの
で、それなりの力量を持った方でないといけないので難しい判断だろうと思います。

それから、こういうニュースも入っています。
東京電力は一昨日、福島第1原発1号機で緊急時に原子炉を冷やす非常用復水器が津波が到達した
後に十分機能をしていなかった可能性があるとの調査結果をまとめたということなんです。
まず、非常用復水器というのは小出先生何ですか?

小出: 原子炉というのは常に冷やしておかなければ、壊れてしまうという機械なのです。
ただし、今回の事故の場合には地震と津波によって全ての電源が奪われてしまいましたので、ポンプを
動かすと言うことが出来なくなったんですね。 そういう時に備えて、この非常用復水器がありまして
電気がなくても良い、ポンプが動かなくても良い、とにかく原子炉の中で蒸気が発生した力で原子炉を
冷やせるようにしようと、かなり特殊な機械だったのです。それが全く動かなかったということは事故の
当初から分かってまして、何故動かなかったのかキチッと解明しなくてはいけない課題でした。

今回、東京電力は熱交換で発生する冷却水が60%も残っていたため冷却機能が不十分であったと
正式に認めたということなんですが、本来ならこんな状態では駄目なんですよね。

小出: そうです。たくさんの蒸気を冷やすために冷却水の方もどんどん減っていくはずだった、空っぽ
になるまでやらなければいけなかったはずですけども、途中の段階で本来まだ働く力が残っているの
に止めてしまったという状態になっているわけですね。


この非常用復水器は、地震が起きた時に自動で動き出したのに運転員が手動で止めて再起動させた
と伝えられているんですけど、コレは適切なやり方なんでしょうか?

小出: 色々なマニュアルがあるのですけれども、今回のような大変な非常事態ですから、とにかく
原子炉を冷やすという事を最優先にしなければならんばいはずでしたし、多分運転員も十分知っている
はずだと思います。
それでも非常用復水器を止めてしまったということは何か別な原因があったのではないかと私は思い
ます。

その1番考えられるというか、需要な原因というは、何処か配管が破れてしまっていて非常用復水器を
動かそうとすると冷却水が流れてしまうので、しかたがなくてその回路を閉じてしまったのではないかと
私は推測しています。

藤田さんどうですか?

この発表が事故の発生から8ヶ月以上も立っているわけでしょ、それだけの期間がたたないと分からな
いものなのですか?

小出: そんなことはありませんし、事故の当初から分かっていた事ですし何で今頃になって言い出し
たのかなって私は不思議に思いました。

藤田: やっぱりなにか人災的な都合の悪いことがあって、今まで公にしなかったとではないかと勘ぐら
れても仕方のない時期だと思うんですが。

小出: そうです 私は今運転員がそれを止めたのは、どこか配管が破れてるとお伝えしたわけですけ
ども、配管が破れているという事の一番大きな原因は多分地震だと思います。
これまで、政府と東電は地震では壊れなかったけれども津波によって電源が奪われたから壊れたと、
地震のほうは問題がないと一点張りできたわけですけども、実はそうではなくて地震によって、非常用
冷却、非常用復水器のほうも実はやられていたのではないかと 私は疑っています。


もし地震によって被害が出たとすれば非常に大きな問題ですね

小出: そうです。そういう事を解明しなければ本当はいけないし、もっと東京電力が早くに、その事を
公表して、今日までも検討を続けてこなければいけなかったと思うのですが、もう8ヶ月以上たって
ようやくにして、こういうことが出てくるという状態になっているわけですね。

小出先生、もう一つですね、東京電力の立地本部長代理は非常用復水器がずっと動いていたとしても
最終的には炉心損傷に至ったと判断していると説明しているんですけど、これはどう思われますか?

小出: はい。それはそうだと思います。非常用復水器が仮に全部動いたとしても今回のように一週間
も10日もあたって電源がないという状態であれば、いずれにしても炉心は溶けてしまっただろうと私は
思います。ただし非常用復水器という系統が地震で壊れてしまったと言うことであれば、重要な問題で
すのできちっと解明しておかなければいけません。

小出先生有難うございました。


category: 小出裕章 助教 

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

文字起こし たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 



2011年11月21日たね蒔きジャーナル
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章







もんじゅの維持費が異常に高い理由と、世界の高速増殖炉の失敗の歴史 小出裕章

水野 今話に出ていました、もんじゅのについててです。
夢の原子炉と呼ばれてきたそうなんですけど、何を夢見てたんですか?

小出 皆さんは原子力というと化石燃料がなくなってしまうので、未来のエネルギー源だと
聞かされると思うんですけど

水野 石油も石炭も底をつくし日本はエネルギーがない国だから原子力だと聞かされてきました。

小出 私も聞かされてきました。それを信ジテ原子力の場に足を踏みこんだのですけども、

水野 それは40年前ね

小出 45年くらい前ですけども、実際には原子力の燃料であるウランというのは大変な貧弱な
資源でスグになくなってしまう物だったのです。それで原子力を推進する人達はウランだけでは
駄目なのでプルトニウムという物質を作り出して、それを原子力の燃料にする以外ないというふ
うに考えつきました。

だだしプルトニウムという物質は地球上には全くありませんので高速増殖炉 いわゆるもんじゅと
言われる原子炉の大型の物をたくさん作ってプルトニウムを作りだして原子力をなんとかエネル
ギー源にしたいと思ったのです。

そのためにはどうしても、もんじゅのような原子力がいるというふうに1940年代から皆が
気がついていて、その開発に着手したのですけど、結局できないまま今日まで来ているのです

水野 40年経って成果はない、お金は1兆円かけてる。稼動してから17年間で動いていたのが
200数十日間で17年間動かしてきたけ1年分も動いていない

小出 1kWhも発電していません

水野 1キロワット毎時?
小出 はい何の発電のしないまま今日まで来ています。

水野 1兆円かけて?40年たって?それがもんじゅですの?

小出 はい

水野 あの文殊菩薩のもんじゅなんですよねネーミングって

小出 もともと、永平寺のカンシュウという方がですね、
原子力にやはり、私と同じように夢を抱かれたんだろうと思いますが文殊菩薩の名前をかけたの
ですね。今では反省されたというふうにおっしゃっていると聞きましたけれど。

水野 だって、知恵をつかさどる菩薩さんでしょ、

小出 そうです

水野 それが1キロワットも毎時で作れない。
全然作れないで40年きてしまった。

小出 はい
水野 それで、事故もすぐに起こしたんですよね。
小出 はい、今水野さん、40年かけてとおっしゃいましたけど、動き始めたのは1994年なのです。

水野 あっ、そうか17年間ですね。

小出 はい。それで、95年の12月にですね、「いざ、発電をしようか」と思って、少し出力をあげ
ようとした途端に事故を起こしました。
それで結局何の発電もできないまま止まってしまいまして、14年以上止まったままだったので
すが、

水野 止まったままだったんだけど、止まっている時も、停止していても維持費が年間200数
十億円かかると、

小出 そうです
水野 そんなにかかるんですか?止まってても?

小出 はい
平野 これ先生、なんでこんな巨額なお金がかかるんですか?止まってて

小出 もんじゅというか、高速増殖炉は、原子炉を冷却するための冷却材として水が使えないの
です。 物理学的な宿命があって、「もんじゅ」の場合はナトリウムという物質を使っているのです
が、ナトリウムは70度よりももっと冷たくなってしまうと固体になってしまうのです。

水野 え?

小出 そうすると、ポンプで流すこともできませんし、冷やすこともできないし、個体になってしまう
と体積が変わってしまいますので、原子炉の構造自身が壊れてしまうという事になりますので、
もう、四六時中、温め続けなければいけない。
そのために、ま、「もんじゅ」はもともとは発電のための原子炉なんですけれども、自分では発電
できませんし、温めるためには電熱器がいるということで、膨大な電気を使いながら、ただただ、
ナトリウムを温めるという仕事をずっとしてきました。

水野 電気を作らず、電気を使い続けてきたんですね
小出 そうです

水野 そうして今に至って、やっと去年運転を再開したんでしたっけ
小出 そうです。でも、皆さん考えていただきたいのですが、家庭で14年間も使わないで置いて
おいた電気製品を、もう一度使おうという気が起きるでしょうか?

水野 いや、そりゃ怖いです

小出 普通はおきないと思うのですが、日本の国は、国というか文部科学省なのでしょうか、
「なんとしても、もんじゅを動かす」と言ってやろうとしたんですね。
やろうとした途端にまた事故を起こしまして、また止まってしまったというのが現在です。

水野 今回の政策仕訳で、お金の問題ばかりが出てきていますけれど、この「もんじゅ」の
高速増殖炉というものの危険性というのはどうなんでしょう?

小出 「もんじゅ」という原子炉はもともと燃料がプルトニウムという物質なんですね。
プルトニウムという物資は人類が遭遇したうちで、「最悪な毒物」と言われるほど危険な毒物でし
て、100万分の1グラムを吸い込んだら,人間一人が肺がんで死ぬという程の毒物なのです。


水野 100万分の1グラム
小出 そうです
水野 吸い込むだけで
小出 はい
水野 死んでしまう位の毒物

小出 はい。それを何10トンも原子炉の中に入れて動かすというのが「もんじゅ」という原子炉で、何と表現したらいいか分からない程、巨大な危険 巨大な危険を抱えたものです。

水野 えぇ

平野 これはもう、外国では見送られているとか手をつけてはならない技術だとされていると
聞いているんでけども

小出 もともと原子力を一番初めにやりだしたのは米国な訳ですけれども、世界で一番初めに
電気を発電した原子炉というのは、実は高速増殖炉なんです。

水野 へぇー

小出 EBR-2という原子炉で、1954年から動いたのですが、すぐ発電はしました。
ただ、すぐに事故を起こして止まってしまいまして、それ以降米国は何とか高速増殖炉を
動かしたいとして、沢山の原子炉を造ったんですが、全て事故を起こして停止してしまって、
米国は高速増殖炉計画から撤退しました。

平野 うーん
水野 はーぁ

小出 イギリス、フランス、ロシアがまた追随してやろうとしてきてですね、一番頑張ったのが
フランスだったのです。 出力が120万キロワットというような巨大な高速増殖炉、それは、
「スーパーフェニックス」というんですね、フェニックスというのは不死鳥ですけれども、
「超不死鳥」というような原子炉まで造ってみたのですけれども、ほとんど動かないままそれも
潰れてしまうということになって、今現在はほとんどすべての高速増殖炉は潰れてしまって
動いていません。

今、中国がまたやろうとかですね、インドが全く別の高速増殖炉をやろうという話しもありますけ
れども、もう、基本的には出来ないと思っていただくのが一番いいと思います。

水野 へー
平野 格別日本が「もんじゅ」にしがみついているということの背景にはやっぱり、既得権益という
んですかね、原子力を推進しようとしている人達の利権構造の中でもうずっと残っているという
ことだけのことなんですね

小出 多分それは平野さんがおっしゃるようにものすごい強力な動機だと思いますが、
もう一つの動機というのは、高速増殖炉という原子炉を、もし、少しでも動かすことが出来ると、
エネルギー源になるかどうかは別として、超優秀な核兵器材料が作れるという、そういう性質を
持っています。

平野 んー
水野 核兵器の材料に

平野 ですから、これは自民党政権の、いわゆる国家主義的な人達が、やっぱり支持していた
政策ではあるんですね長年。

小出 そうですね もちろんです。一番初めからそれを狙ってやろうとしてきたものです。

水野 でも、核のゴミの 言ったら再利用でしょ?これ。リサイクル出来ないっていうことになった
ら、もう本当にに行き詰っちゃいますね。

小出 はいそうです。それを何とかしたいと思ってきたのだと思いますが、要するに高速増殖炉
さえ動けば何とかなるという事を夢見てきたんだろうと思います。

水野 まだ夢見続けますかね、中川文部科学大臣は「これまでの形で継続するのではなく、
中身を絞り込んでいきたい。ここで辞めたら1兆円の投資が無駄になる可能性がある」
と発言していらっしゃるようです。

小出 これから何兆円も損をするよりは私は良いと思いますけれども。

水野 そしてやっぱり、危険性という事についても、もっと真剣に考えなくてはいけませんよね、
お金だけじゃないですもんね。

小出 はい

小出先生どうも、ありがとうございました



category: 小出裕章 助教 

11月17日 大波地区のコメ基準超セシウム検出・瓦礫100Bq/kg以下再利用・全国セシウム汚染 推定発表 小出裕章(MBS) 



11月17日 大波地区のコメ基準セシウム検出瓦礫100Bq/kg以下再利用全国セシウム汚染
推定発表 小出裕章(MBS)


番組内容

2011年11月17日【木】
放射能から子どもを守る東京の母親たちのいま
今夜はゲスト(電話)に「NO!『江東』こども守る会」代表の石川あや子さんを迎え、放射能被害か
ら子どもを守る、東京のお母さんたちについて話を伺います。

石川さんは3児の母で、首都圏からセシウムが発見されたことから、「会」をスタート
放射線の研究者を招き、独自で放射線量の測定を行い、東京都に要望書を提出するなど、活動を
展開。現在では同様の活動をする別の「会」とも連携し、「NO!放射能『東京連合子ども守る会』」
(36団体加盟)を発足するまでいたっています。
きょうはそんな石川さんに、東京の現状と今後の活動などについて、話を聞きます。
また、選挙の特集でお休みとなっていた京大の小出裕章さんのコーナーもあります。





category: 小出裕章 助教 

thread: 気になるニュース - janre: ニュース

tag: 種まきジャーナル  大波地区のコメ基準  セシウム検出  瓦礫100Bq/kg以下再利用  全国セシウム汚染 

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。