福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

東京都受け入れ瓦礫 まとめ
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

神奈川 がれき受け入れ都と連携へ 



神奈川 がれき受け入れ都と連携へ



東日本大震災の被災地で出たがれきについて、神奈川県は、すでに受け入れを行っている東京都と連携して、
がれきを受け入れる方法を模索することになりました。


震災の被災地で出たがれきを受け入れる方針を明らかにしている神奈川県の黒岩知事は、7日、具体的な方
法を検討するため、東京都が受け入れを行っている岩手県宮古市のがれきの仮置き場を訪れました。
東京都の担当者の説明を受けながら、放射線量の測定の様子などがれきの処理の状況を視察した黒岩知事
は、「東京都は受け入れのシステムが出来ている。神奈川県が東京都と一緒にやっていくならば、話は非常に
早いと思う」と述べ、東京都と連携して宮古市のがれきを受け入れる方法を模索する考えを示しました。

神奈川県は、受け入れるがれきについて、放射性物質が1キログラム当たり100ベクレル以下に限ると、
東京都よりも基準を厳しくしています。

これまでに東京都が受け入れたがれきは、100ベクレルを下回っているということですが、今後、具体的にどう
連携して神奈川県にがれきを受け入れられるのか、東京都と協議を行うことにしています。
黒岩知事は、「がれきの処理は東北の復興のために何としてもやらなければならない。現場で自分が見てきた
ことを県民に説明して理解を得たい」
と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120108/k10015124921000.html



スポンサーサイト

category: 東京都受け入れ瓦礫 まとめ

thread: 放射能ニュース - janre: ニュース

岩手のがれき焼却灰 都内で埋め立て開始 



岩手のがれき焼却灰 都内で埋め立て開始
(11/08 11:55)


20111108163535.jpg



東京都が受け入れた岩手県宮古市のがれきの焼却灰を埋め立て処分する作業が8日から
始まりました。

東京都が受け入れを始めた岩手県のがれきは、東京港の埋め立て地にある民間の施設で
7日からほかのごみと一緒に焼却処分されています。
焼却後に残った約4トンの灰は8日朝から同じ埋め立て地の別の場所にトラックで運ばれ、
埋め立て処分が進められています。
これらのがれきは燃やす前に測った結果、放射線量は最大で1時間あたり0.001マイクロ
シーベルトでした。
東京都は、2013年度末までに岩手県と宮城県のがれき50万トンを受け入れる方針です。


category: 東京都受け入れ瓦礫 まとめ

東京都、岩手のがれきの処分業者「東京臨海リサイクルパワー(株)」は東京電力の関係会社 



東京都、岩手のがれきの処分業者
「東京臨海リサイクルパワー(株)」は東京電力の関係会社!



11月4日以降 可燃物は東京臨海りサイクルパワー(株)(江東区青海)で焼却。
焼却灰は中央防波堤に埋め立て。

東京臨海りサイクルパワー(株)は東京電力のグループ会社です。
http://www.tgn.or.jp/tokyorp/

株主には東京電力株式会社の他、
東電環境エンジニアリング株式会社
清水建設株式会社
荏原環境プラント株式会社
オリックス環境株式会社
原発関係企業が並んでいます。


東京電力グループ会社一覧
http://www.tepco.co.jp/corporateinfo/group/index-j.html


東京都のホームページ
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/10/20laj400.htm
 
報道発表資料 [2011年10月掲載]
岩手県宮古市の災害廃棄物(先行事業分)を
処分する業者が決まりました

平成23年10月19日
環境局

東京都は、公募していた岩手県宮古市の災害廃棄物(先行事業分)を処分
する業者を選定し、「災害廃棄物の処理基本協定」に基づき、岩手県に通知
しました。岩手県は、同じ業者を指定し、下記のとおり処分業者が決定したので
お知らせします。

20111103163213_convert_20111103163527.jpg

参考

先行事業分から発生する可燃性廃棄物の焼却施設は、募集要領に示された
要件を満たした焼却施設を選定することになっています。
今回は、すべての処分業者が東京臨海リサイクルパワー株式会社
(江東区青海三丁目地先)を選定しました。




岩手から東京にがれき30トン超到着

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211103035.html

被災地のがれきの受け入れが始まりました。

3日午前、岩手県宮古市のがれき30トンあまりが列車で東京に到着しました。
がれきは、業者が燃えるものと燃えないものとに分別し、燃えるものからは放射線量は
ほとんど測定されませんでした。都は2013年度までに、岩手県と宮城県のがれき50万トンを
受け入れる予定です。
住民:「英断じゃないですかね。東京にいる以上は受け入れなきゃいけない」
「どこで燃やして、どこで灰を処分するのか、明確にしてもらいたい」

20111104025423.jpg













東京都議会議員 柳ヶ瀬裕文さんTwitter まとめ

震災瓦礫が到着するJ R 貨物東京ターミナルに向かっています。
都内輸送、破砕処分、焼却施設など視察してきます。
到着。既に大勢の報道陣が。


都内に到着。これから車に積み替えられる。

5rbpk.jpg


破砕処分をする大田区の高俊興業株式会社に到着。
トラックが到着。まず重量の計測をする。

i1cwe.jpg


コンテナからおろして、分別作業をする。

3wvr.jpg


重機で大きな固まりを選別。細かく破砕。その後手作業で仕分けしてから
プラントに入れて、自動選別される。

tb7qtv.jpg


東京都はターミナル駅で測定は実施していません。
情報ソースを教えて下さい。


分別さてた瓦礫の放射線量を測定する。
宮古市と同様に縮分して平均化したものを測定する。

5jxtsf.jpg


鉛で遮蔽された空間で瓦礫を測定する。バックグラウンドが0.028マイクロ。
瓦礫を入れた状態で0.028マイクロ。つまり瓦礫からの放射線量はゼロ。

ss2uk.jpg


施設の敷地境界での空間放射線量の測定。0.073マイクロ。

odouov.jpg


瓦礫の可燃物を焼却する江東区青海の東京臨海リサイクルパワーに到着。
瓦礫がここに来るのは明日以降。


category: 東京都受け入れ瓦礫 まとめ

「東京都受け入れ瓦礫」柳ヶ瀬都議が現場から瓦礫を追っかけて報告中 



「東京都受け入れ瓦礫」
柳ヶ瀬都議が現場から瓦礫を追っかけて報告中


柳ヶ瀬裕文 東京都議会議員
震災瓦礫の受け入れについて【日程詳細】
2011/10/28 

引用しました。

【震災がれき搬入スケジュール】

11月2日 朝から宮古市の仮置き場「藤原埠頭」でコンテナに積み込み
(6台、最大7t/台)

→夕方までに盛岡駅に搬入(宮古~盛岡は約2時間)

→JR貨物に積み替えし夜中に出発。      

11月3日 朝8時頃、東京貨物ターミナル(品川区八潮)に到着。
コンテナカーに積み替え

→処分業者に決定した大田区城南島2社、江東区若洲1社へ搬入。破砕処理。

11月4日以降 不燃物は中央防波堤に埋め立て、可燃物は東京臨海
りサイクルパワー(株)(江東区青海)で焼却。焼却灰は中央防波堤に埋め立て。

さて、ここでのポイントは以下の通りです。

①宮古市の仮置きされている瓦礫の放射能濃度が正確に測定できるのか

②輸送時における飛散がないかどうか

③処分施設での飛散処理、排ガス処理、中央防波堤の埋め立て処理、
各モニタリングが適正になされるか

11月2日から3日にかけて、震災瓦礫を追っかけて報告をしたいと考えています。




柳ヶ瀬裕文 東京都議会議員のTwitterで現地から追跡の報告が始まりました。


11月2日
6:32
おはようございます。岩手県宮古市に来ています。これから震災瓦礫の搬出を視察してきます。けっこう寒い。

7:09
瓦礫の仮置き場に到着しました。放射線量は測定するなとのお達し。

qk6qs.jpg
画像クリックで拡大します。


7:49
説明では膨大な瓦礫からサンプルを複数箇所取りだして放射能濃度を測定している。

8:02
選別場に移動。膨大な瓦礫から危険物をとりのぞく作業をまず行う。
作業は最初重機で、その後手作業。

8:15
作業中の空間放射線量を測定するデモンストレーション。0.15マイクロ

ozlyp.jpg
画像クリックで拡大します。


8:33
東京都に搬出する選別された瓦礫の放射能濃度測定。遮蔽線量率0.037マイクロ。

8:41
積み込みのようす

orstn.jpg
画像クリックで拡大します。


8:59
東京都に搬出されるのは、混合廃棄物と廃機械類。
どちらも縮分し平均化した瓦礫の放射能濃度を測定してから搬出される。
ただし、ゲルマではなく空間線量。

9:09
搬出するコンテナ車の線量を測定。0.1マイクロ。

orstn.jpg
画像クリックで拡大します。

9:50
震災瓦礫仮置き場、選別場、搬出場の視察を終えて、JR貨物ターミナルに向かっています。


11:29
災害廃棄物の取材ルール

c87wh.jpg
画像クリックで拡大します。


災害廃棄物処理支援の取材等のルールについて


報道各社者およびその他の関係者は、以下のルールに従って行動していただきます。

1.敷地内は、廃棄物が積み上げられてるほか、銃器による作業が行われており非常に危険ですので、
係員の指示に従うとともに定められた場所以外への立ち入りは禁止します。

2.鋭利な廃棄物などがあるため、安全確保の観点から排気ブルには手を触れないでください。
また、足元に注意し、ルートから外れての撮影・行動はしないでください。

3.放射線量などの測定については、外部の専門業者が測定した数値を確認、撮影していただけます。
私物の測定機器による測定は、不正確かつ複数の測定値が生じて混乱するため禁止します。

4.廃棄物の持ち帰り、敷地内の土や水の採取は不正行為となりますのでご注意ください。

※このルールは、岩手県宮古市の災害廃棄物の搬出開始の取材(11月2日、3日)関係者に配布しています。


11:32
達増岩手県知事からのコメント

6snd.jpg
画像クリックで拡大します。

11:41
JR盛岡貨物ターミナル駅に到着。
瓦礫を積んだコンテナが、ここで車から貨物列車に積み替えされる。コンテナ車が現れるのを待っています。

12:15
先程の瓦礫の遮蔽放射線量、
0.037からバックグラウンドの0.035を引いた0.002マイクロが正しいとのこと。
ツイートが間違っていると職員の方に教えて頂きました。有難うございます。

12:22
駅にコンテナが到着

83yep.jpg
画像クリックで拡大します。


12:31
貨物列車に積み替え


13:44
東北道を南下中。
瓦礫コンテナを積んだ貨物列車は夜中に盛岡を出発し、明朝、品川区八潮の貨物ターミナル駅に到着予定。
明日は、都内での汚染対策状況を確認します。

category: 東京都受け入れ瓦礫 まとめ

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。