福島 原子力発電所事故による汚染まとめ

こんな状態になっても原子力発電を続けますか? 地震、原発事故、TPP等 情報追いかけ 

セミパラチンスク 核実験
 
Powered By 画RSS Powered By 画RSS



原発 どう子供達に教えてきたのか?
終わらない悪夢1-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢2-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢3-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢4-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢5-7放射性廃棄物はどこへ
終わらない悪夢6-7放射性廃棄物はどこへ
続 放射性廃棄物はどこへ?
終わらない悪夢7-7放射性廃棄物はどこへ
05.後編1/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢 アレバ社の正体?
08.後編4/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
06.後編2/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
07.後編3/4・土崩瓦解 核廃棄物:原発の悪夢
邪知暴虐 4号炉は永遠に 3/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 2/3
邪知暴虐 4号炉は永遠に 1/3
原子力発電所定期点検
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか最終報告:まとめ
福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか‬(詳細解説)
原発安全神話の崩壊
20111216 [1/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
20111216 [2/2]たね蒔き「海からみた原発の危険(1)いま何が起きているのか」
Inside report of Fukushima Plant Worker - Press Conference(English translator)
pt1上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt2上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt3上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt4上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt5上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt6上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
ラスト上杉隆氏 福島原発の「工程表」を徹底検証
pt1 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt2 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt3 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt4 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt5 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
pt6 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
ラスト 【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー
小出裕章:総括原価方式 / 核兵器開発能力保有
総括原価方式 必要以上の見積もり
被曝する労働者達:下請け・日雇いが支える原発の実態
動画で見る炉心溶融

連続ランダムRaQoo検索

youtube.png お勧め動画 連続再生モードONにすると クリックした動画タイトルから連続再生を開始します。 OFFの場合は再生後停止します。
排出放射性物質影響調査 用語解説
原子力関係用語集[PDF]




 

スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~」 



セミパラチンスク:カザフスタンの非核政策


Watch セミパラチンスク:カザフスタンの非核政策 in ニュース | View More Free Videos Online at Veoh.com



「セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~」(1)



Watch 「セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~」(1) in ニュース | View More Free Videos Online at Veoh.com

「セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~」(2)


Watch 「セミパラチンスク 18年後の現実~カザフスタン核実験場跡~」(2) in ニュース | View More Free Videos Online at Veoh.com


スポンサーサイト

category: セミパラチンスク 核実験

# 核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~|NHKスペシャル 動画まとめ 



核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~
NHKスペシャル 動画まとめ

NHKスペシャル「核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~」の
動画をまとめて掲載いたします。
冷戦時代、ソ連は水爆実験を繰り返していました。
その場所となったのがカザフスタンでした。カザフスタン東部の町・
セミパラチンスクでは、1949年からの40年間に450回を超す核実験が
繰り返され、大量の放射性物質がまき散らされたのです。


核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~(1)


核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~(2)

核は大地に刻まれていた~“死の灰”消えぬ脅威~(3)

category: セミパラチンスク 核実験

セミパラチンスク核実験場 文字おこし 



セミパラチンスク核実験場
(Семипалатинский ядерный полигон)
は、旧ソビエト連邦の核実験場のひとつであった。
カザフ共和国(現カザフスタン)の北東部、セメイの西方150kmの草原地
帯にあり、面積は約18,000km²(四国の面積にほぼ等しい)。

kazakhstan.gif

1949年から1989年の40年間に合計456回の核実験に使用された。
施設は最初の核実験からちょうど42年目にあたる1991年8月29日に
正式に閉鎖された。 
環境に放出された放射性物質は、チェルノブイリ原発事故の
5千倍といわれている。

チェルノブイリと異なり放射能汚染は少ないが、被曝量は大きい。
たとえば、よく報道されているドロン村は1グレイ相当の被曝があったとさ
れる。


RDS-6の実験に当たっては、付近の住民のうち一部の成人男子を
放射能汚染地域に滞在させた。これは人体実験だと見られている。
またベトナムの枯れ葉剤のようにここでも奇形児が生まれ、ホルマリン
漬けで保存されている。

最初の水爆実験の前日、付近のカイナール村の住民は避難させられまし
たが若い男性42人が残るように命じられ、爆発を見物させられました。
被曝直後から毎年髪や血液の検査をされ、次々と病死し現在闘病中の
生存者がたった1名です。

セミパラチンスクの核実験で120万人が被爆し30万人ほどが放射能の
後遺症を受けているが、結局ソ連政府(宗主国ロシア)から補償はなく、
ソ連時代には訴えを一切聞いてはもらえなかった。


セミパラチンスク核実験場近郊住民の被曝線量推定方法の
確立と健康影響研究
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/metadb/up/kaken/11694282.pdf




http://www.youtube.com/watch?v=jQY2QLEGjMw


セミパラチンスク


Watch セミパラチンスク in ニュース | View More Free Videos Online at Veoh.com

こちらの動画を文字おこししました。

撮影時28歳、音楽の才能があり、楽器を演奏していますが、
神経線維腫に冒されています。
姿を見るとショックを受けるかもしれません。




冷戦中、核の軍核競争で優位に立つため、旧ソ連では秘密都市が
存在しました。そこでは核実験が行われていたのです。
今、人々は、こうした過去と、どう向き合ったら要のでしょうか?

これは、とても興味深いパンフレットです。
ガンの予防パンフレットです。
ガンは世界のどこでも心配の種です。
カザフスタンの街では特にもっともなことです。
ここでは恐ろしいことが起きたのです。

地図上にも街が載っていない時代がありました。
ソ連の秘密都市のネットワークの一部だったのです。
40年間1949年から始まったのですが、ソ連は核実験を行いました。
大気、地上、地下で核実験を行い500回近くも行った。
付近の住民は当時何も知りませんでした。

ほう当局がケアしてくれる事を期待しています。
でも心の奥では心配しています。
アラ・ザルキムバエハーさんはガンを克服しました。
特に放射能を心配しています。恐怖を覚えています。
ソ連もアメリカ同様あらゆるものを対象に核実験を行いました。
ビル、防空壕、軍の施設、生きた家畜を対象に行ったのです。
放射性物質は風邪に運ばれ、実験場から最大5万2千500キロ離れた
所まで拡散されました。

付近の住民150万人は呼吸や皮膚、汚染食品を通じて放射能を吸収して
いきます。
被ばくしていることは皆分かっています。
でも何が出来るというのでしょう?
私は学校でビタミンか何かの錠剤を渡されたのを覚えています。

しかし1989年2月、巨大な地下実験が行われると放射能レベルは
200倍となりました。

地元の人々と世界が、これに対し抗議の声を上げました。
その結果、セミパラチンスク、この街で原発が禁止となったのです。
前には核実験場があります。大気が汚染されました。
ユリストリッジュクさんは科学者です。
カザフスタンの国立各センターで働いています。

放射能の計測器です。ここでは10分から15分以上いるのは危険です。
間違いなく、ここの人々は放射能汚染の影響を受けています。

セミパラチンスクの村では多くの人が障害児の誕生は放射能のせいだと
思っています。
28歳のべリクシズタコスさんは若くして才能のある繊細な人物です。
しかしべリクさんは中枢神経を犯され遺伝性の神経線維腫に苦しんでい
ます。

母親は核実験が息子の健康を損なったと見ています。
べリクを妊娠していた時のことを覚えています。
爆発を見ました、それが赤ちゃんに影響したのです。
他の子供達、そして私は健康なんです。
このような恐ろしいケースがあるにも関わらず放射能と遺伝性の病気の
関係は明確ではないと言っています。
旧ソ連の他の地域では、公害、タバコやアルコールによって健康障害が
出ています。
ザナットさんはセミパラチンスク出育ちました。
放射能と病気の関係を研究テーマにしたくて医者となったのです。

今、世界保健機構で放射能部で働いています。
ザナットさんは関係が複雑であると言うことが分かったと言っています。
外国に行って勉強し放射能の影響について研究しました。
研究すればするほど簡単な答えがないことが分かります。
しかし、研究の結果この地域はガンに感染して死亡する人の数が通常よ
り多いことが明らかになっています。

1957年旧ソ連では、秘密医療組織が設立され地元の人々に対する
放射能の影響が調査されました。
このファイルが1991年公表されました。
カザフスタンの放射能医療施設が出来たのです。
ここで、セミバレチンスクさんが研究者となっています。
この街でのがん患者は非常に多い事が明らかだと言っています。
ポリスグセスさんです。研究の結果に放射能によって通常の3倍
ガン関連の病気が増えるということが明らかになっています。
しかし科学的な研究が核と近くの人々に対する影響の関係を明らかに
するには、まだ何年もかかるかも知れません。
しかし吸収した放射能が残したのもは何なのか人々は考えなくてはならな
い。


以上

category: セミパラチンスク 核実験

フリーエリア

子どもたちを放射能から守るために

 

プロフィール

多機能パーツ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

Comments+Trackback

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

無料 被リンク 蟹 訳あり ネズミ駆除
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。